ホーム > スクラップ >

物理カードGoogle Walletカード。最強の使い勝手を実現した優れもの!?

2013年11月24日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


android police:こちらは正式発表前のリークされたアプリのレビューでしたが、GoogleWalletCardについて詳細なインターフェースや申し込み方法、アプリへのフィードバックのされ方などが明示されていますので、紹介します。公式版もおそらくこのようなフローでの使い勝手になると思われます。日本の記事ではデビットカードとして紹介されていますが、本国のレビューでは、このカードはほぼクレジットカードと同じように機能すると紹介されています。一番の特徴は、walletアプリに連動させるクレジットカードを複数オーソリ設定することができ、GoogleWalletCardを1枚持ってさえいれば、何枚ものクレカを持ち歩かなくとも、チャージするクレカをアプリから都度選びオーソリすることができる言ってみれば、GoogleWalletメインカード戦略なるものが伺い知れます。


 

 

GoogleWalletカードのロイヤリティプログラムとクレカのポイントもたまる仕組みも?

GoogleWalletカードでは独自のロイヤルティプログラムが用意されているようです。デビットカードというと銀行のATM引き出しカードでお買い物ができるというイメージが強いですが、Google Walletカードは複数のクレカからチャージが可能なのです。よって、銀行から引き出すだけだと手数料がとられるだけですが、クレカからチャージすれば、手数料もかからず、逆にポイントがたまるのです。

マイレージプログラムなど参加者にとってはうれしい機能です。このあたりは、さすがGoogleという感じがします。数年前からフィールド実験を行っているようでしたが、既存ポイントプログラムやクレカロイヤルティプログラム参加者も利用したほうが便利だし、お得というメリットを設計して一気に広めようという部分はきちんと練られた戦略と言えそうです。

GoogleWalletAPPから簡単に物理カードを申し込みことが可能

googlewalletcard01-screen-high.png

※今もっているデビットカードやクレジットカードをGoogleWalletAPPに登録すると、GoogleWalletCardですべての決済を店頭で行うことができると述べられています。

googlewalletcard02-screen-high.png

googlewalletcard03-screen-high.png

GoogleWallet自体でほぼ信用オーソリがされている前提のようなので、タッピングしてゆくだけでカードが発行され、自宅に郵送されると言う流れのようです。手続きから郵送までは発想手配が付き次第メールでお知らせするとなっています。

GoogleWalletカード&GoogleWalletAppによる新しい3つのファイナンスサービス

googlewalletcard04-screen-high.png

こちらの記事でも紹介済みですが、左の画像:ATMや銀行口座からのお金の引き出し(チャージ)、真ん中:GoogleWalletアカウントを持つ第三者への現金送金、右の画像:トランジットするカードの追加などおよそ3つの便利な機能が実装されるようですね。アプリからタップするだけでこういう事が簡単にできて、なおかつ物理カードはGoogleWalletカードを1枚もっていれば、複数のクレカを集約できるという優れもののようです。

こちらは米国での仕様ですが、日本に展開する際は、このような仕様て展開される場合、既存プレイヤーなどと面白い提携なども期待できそうです。

米国GoogleWalletカード登場。Googe社によるリアルトランザクション囲い込みが本格化!?



2013年11月24日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ:


前ページに戻る


,  タグ:


おすすめ記事

関連記事