ホーム > スクラップ >

筋力を電気信号に変換するウェアラブルコントローラーMYO

2013年12月15日 ネズミ1号:略称「T」
,


Thalmic Labs:腕の筋肉を電気的に感知して、その信号であらゆるものをコントロールすることができるようになるコントローラーMYO。デモビデオを見る限り、デスクトップパソコンやスライド、リモコン戦車からリモコンヘリ、ゲームまで応用できる用途はさまざまのようです。Ringやウェアラブルコントローラーなど来年はウェアラブルコンピューティングがさまざまな形でシリーズAフェーズの投資で話題となりそうですが、ThalmicのMYOは、筋肉の動きを電気信号に変えるという点で、実際には個々にことなる人間の筋肉の挙動から発する信号を汎用的なコマンドとして識別するにはある意味人間側の訓練が必要か、もしくは電気パターンの高度な汎化研究が必要になりそうな気がしますが、果たしてどういった商品に仕立てられるのか楽しみです。


 

 

さまざまな人特有の筋肉の動きを汎用化して電気に変更する

MYO(ミヨ)というデバイスの開発PRビデオです。この中で、開発者は身 に付けていることを忘れるようなコマンドデバイスを目指しているとの事。人それぞれ癖のある筋肉の動きデータを分析し、ディべろパーが開発できるIDEや I/Fを提供すべく現在基本ソフトウェアを開発しているそうです。

実 は思ったよりも完成度の高いコントローラーになるかもしれませんね。結ってみれば、腕の動きなどジェスチャーは、頭で考えたことを自然な人の動作として再 現するものです。タッチパネルでUIを見ながらボタンをおしたらり、スライドさせるという動作よりもより直感的な操作が実現するかもしれません。

もうこなるとコンピュータを操作するとい概念は、人々の生活に本当に自然な形で張り込むようになるのかもしれません。



2013年12月15日 ネズミ1号:略称「T」
,


前ページに戻る


,


おすすめ記事

関連記事