ホーム > ライフ・その他 >

子連れグアム絶対おススメ~グアムヒルトンタシクラブ~朝食付ドリンク飲み放題で$225~

2015年09月22日 ネズミ1号:略称「T」
,


HiltonGuamResort-TASICLUB-レビュー:朝食付きラウンジでお酒・ドリンクが飲み放題でプール・ビーチ直結は最高!

シルバーウィークのちょっと前から4泊5日で1年ぶりにグアムに家族で行ってきました。以前は子供がまだ幼稚園年少ということで、ウォーターパークがついているオンワードビーチリゾートホテルに宿泊しましたが、今回は出張マイルも大分あったので、生き返りビジネスクラスでホテルはヒルトンホテルのタシクラブにしました。街中に面するアウトリガーホテルハイアットリージェンシーや以前宿泊したシェラトンラグーナンなんかも迷いましたが、ゆったりラウンジでお酒を飲んだりゆっくりしたいということでタシクラブしたのですが、なかなか良かったので紹介します。最後の方でいつも私が出張などで予約を取っているサービスなども紹介します。


 

 

グアムヒルトンのタシクラブとは

ヒルトングアムの離れのコンドミニアムチックなつくりの客室でタシクラブラウンジがある家族やカップル向けにおススメの静な佇まいが売りだと思います。バリ島などのビラチックな雰囲気も味わえるので個人的には気に入っています。よく出張マイルなどを使ってで六本木のインターコンチホテルのクラブインターコンチというラウンジで軽食とお酒が飲み放題の宿泊を家族でするのですが、そんな感じでゆったり過ごせる内容となっています。タシクラブの詳細はこちら

tashi-club0.jpg

ホテル正面から左側に、六角形のような4階建ての建物があるのですが、中は吹き抜けになっており、下に朝食と夕方のカクテルタイムには軽食とお酒が飲み放題できるラウンジがある造りになっています。裏側はテニスコートになっていて基本全部屋オーシャンビューです。

tashi-club1.jpg

タシクラブカウンター

タシクラブ専用カウンターでチェックインができます。ホテルのロビーにいってチェックインをお願いすると、Oh..You've reserved the tashi club, plz go to the tasi club roundge, go to the right aisle.と言われます。ロビー正面から左側に続いている通路をすすんだ先がタシクラブのラウンジになります。専用ラウンジカウンターでのチェックインということでちょっと特別な感じも味わうことができます。

tashi-club2.jpg

クラブカウンターの入り口付近。チェックアウトが早朝の時は前の晩に前もって宿泊代の清算もOKでした。

無線LANについて

tashi-club3.jpgホテルのメインロビーと、タシクラブ1Fのラウンジ無いでは無料のホテルWiFiがあります。部屋でもWiFiは利用できますが、ルームナンバーを入れてルームチャージする方式で有償となります。SIDにアクセスしてみましたが、2時間6ドルぐらいからでした。仕事があったので、子どもの宿題をみながら、夜ロビーでメールチェックなんかすることにしましたが、別に支障はないという感じですが、やっぱり仕事は部屋から離れてやった方が奥さんの評判はいいと思います。

24時間ソフトドリンクとコーヒーはラウンジでにて飲み放題。17:00~19:00のカクテルタイムでは、軽食とアルコール類も飲み放題がうれしい。

南国のリゾートホテルいってワインやビールなんかをビーチサイドで頼むとだいたい1杯10ドル弱したります。タシクラブでは夕方のカクテルタイムでは、シャルドネ系の冷えた白ワインや、赤ワイン、シャンパン、ビール(ハイネケン、スーパードライ系)、ソフトドリンク(7up、コカ・コーラ)、オレンジジュース他各種フルーツジュース、コーヒー、紅茶が飲み放題です。

tashi-club5.jpg

カクテルタイムでないときも、ソフトドリンクやコーヒー、紅茶類はいつでも無料で飲むことができます。プールサイドでのどが乾いたら、タシクラブとプールがつながっているので、ラウンジに来て紙コップでジュースを注いでもっていくとスゴクお得です。ちなみに、プールサイドのバーでジュースを注文すると、1杯5ドルからという感じでした。

ちなみに私は、だいたい毎日白ワイン3杯、シャンパン2杯、ハイネケン2瓶いただていていました。外で頼んだ値段を換算すると、$11×3+$15×2+$5.5×2でしめて$74近くの価値があるといってもいいですね。

tashi-club6.jpgカクテルタイム以外の時間帯も後ろにあるジュースとコーヒー、紅茶やお茶類はタダでいつでも飲めます。

tashi-club7.jpgタシクラブ1Fラウンジは、そのままビーチとプールに繋がっているので、プールビーチやプールでのどが乾いたら、ここまで来て紙コップに入れて外に持っていくとお得です。

和食もちゃんとあるビュッフェ形式の朝食はがいい感じです。

普通のコンチネンタル風な朝食ブッフェが一般的なのですが、タシクラブの朝食は、ご飯とみそ汁と卵、ヒジキにお豆腐、おかゆなど和食が充実しているのが日本人として非常安心感があると思います。海外に1週間ぐらいいると日本食が恋しくなるのですが、タシクラブでは朝食でガッツリ日本食を食べられるので昼食、夕食はアメリカンなダイナーでも胃が持たれなくていいかもしれません。

tashi-club8.jpg朝食もインターコンチネンタルのクラブインターコンチのようにラウンジで食べる感じです。

お得なお昼の取り方

昼食のおススメはツリーバーとロビー横のカフェチーノが安くておススメ:1食5ドル~もしくは$15~

海外のホテルに行くと、レストランの食事が高くてびっくりする人がいるかもしれませんが、基本日本でいうインターコンチネンタルやコンラッドような都心のホテルの中にあるレストランと一緒と思った方がいいでしょう。日本でも都心のレストランでランチを取ろうとすると、だいたい一人やすくて3800円からという感じだと思います。

そこで、長く泊まる際にはそれなりにリーズナブルな昼食の取り方を各ホテルごとにリサーチしておくことをおススメします。近所のスーパーへいくのもありですが、お子さんがいる場合などは南国の熱い中移動するのがおっくうなので極力ホテル内で安く食べられるコツをつかんでおくと便利です。

グアムの場合は、以下の2つがおススメです。

ツリーバー 営業時間11:00~22:00


プールにある屋外のバー兼軽食レストランですう。奥の方では、夜のBBQビュッフェが食べられます一人99ドルから

tashi-club9.jpgプールサイドにあるバーです。ピザやロコモコ、ハンバーガーダイナーまで15ドルぐらいから本格的な食事が楽しめます。ボリュームは米国仕様ということで十分なボリュームで食べきれない人もいるかもしれないぐらい。子供向のチーズバーガーセットなんかは$7ドルです。家族3人で、$15×2+$7=$45。大体1.5人分で昼食、そして夕食も済ますことが可能です。よく18:00以降などにディナーメニュー切り替わり2倍位の料金になるとこおもありますが、グアムヒルトンのこのバーは夕方も昼間と同じメニュー構成なので安心です。勿論タシクラブにとまっていれば、ドリンクをラウンジからもってきてそれを飲んでもOK。ちなみに私は、カクテルタイムにハイネケンを3本ほど持ってきて飲んでました。たまにそのビールどこから?ってウェイトレスの人にいわれますが、タシクラブで飲みかけてきたと言って何気なく飲ませていただきました。

プールサイドまでメニューをもっていってもOK。注文もプールサイドからOKです。まぁこの辺はどこでもいっしょですね。

tashi-club10.jpgロコモコを2つ確か15ドル、アメリカンほげほげバーガー(ちょっとわすれてしまいましたが)15ドル。昼間はカクテルタイムでないのでハイネケンを7ドル位でのんでました。ちなみにバーガーは、plz cut in halfと頼むと半分に切ってくれるので、お子さんと分けて食べるなら1つだけでも十分なボリュームです。

tashi-club11.jpg左がお子様メニューのチーズバーガー。お子様用といっても日本でいうと、バーガーキングのワッパー位の大きさです。

ツリーバーの裏ワザ

実はこのツリーバーの奥は、BBQディナービュッフェが行われるスペースとなっています。といいつつ、座席はバーの周りに散在していて明確な区切りがなく、夜行われるポリネシアンショーもそのまま観覧することができるのです。BBQは大人が99ドル、子どもが$55ドル、家族3人で$253(約3万1000円!)もするのですが、たった$45ドル(5400円)で同じように楽しむことができるのがうれしいです。高いBBQビュッフェコースを申し込んでも食べきれませんし、確かに飲み放題ではありますが、タシクラブにとまっていれば、カクテルタイムに、ハイネケンや缶ビールなどこっそりもってきて飲んでみたりしてもいいかもしれません。

tashi-club12.jpgちなみにディーナータイムですが、17:00~19:00がタシクラブのカクテルタイムなので、そこで缶ジュースとハイネケンなどのビールをTOTOに入れて持ってきて飲んでいました。ただあまり露骨にやるとやっぱり怒られると思います。(よいこはやっぱりやめておきましょう)

tashi-club13.jpgポリネシアンショーもこんな感じでゆったり見ることもできます。BBQビュッフェに参加するといろいろサービスはありますが、我が家はこれで十分でした。

カフェチーノ 24時間営業

tashi-club14.jpg

こちらはロビーわきにある売店です。ピザやクロワッサン、スコーンやビスケットからケーキ、果物やおにぎりまで販売しています。ちょっと高めなのですが、狙いとこどろは$2.5のスコーンと$1.5ドルのビスケット。非常に大きく、これとコーヒーだけでお昼は満足してしまいます。それから夕食なんかも、夕方から販売されるピザ$4.5で十分満足できます。2つ入りのサンドイッチが$7.5がちょっと高すぎという感じがしましたが、ビックサイズのサラダ$7.5~8.5は家族3人で食べられるボリュームで納得です。ピザ3つ、ビックサラダ1つ、飲み物は勿論タシクラブからオレンジジュースとかグァバジュースとかコヒーとか持ってくればタダです。家族三人の胃袋を満たすのに大体$15ドルから$22ドル(1800円~2640円)程度で済みます。日本でいうと安いファミレスにいくような料金で済ませることが可能です。

tashi-club15.jpg正面のショーケースにはピザやクロワッサン系やバーガー類が販売されています。クロワッサンもビックサイズなので結構お腹にたまります。

tashi-club16.jpg

おススメはサラダ。ビックサイズなので1つ買ってシェアするといいです。

tashi-club17.jpgピザもそれなりに大きいです。大人でも1枚で十分な感じです。バルコニーからの形式がいいのでこちらで初日は夕ご飯にしたりしました。

tashi-club18.jpg1.5ドルのクッキーはこれぐらいの大きさ。スコーンはスターバックスのスコーンよりちょっと大きい位で2.5ドル。レンジで温めてくれます。お菓子系なら昼間すいているときにタシクラブラウンジに持ち込んでコーヒーやジュースと飲むといいです。

ビーチリゾートホテル 1,000円代~5つ星ホテルまで

レストランディナーの裏ワザ

ヒルトンの中にはさまざまなレストランが入っていますが、1件火曜日と木曜日に一人$28のコースメニューを用意しているレストランがありますので紹介します。

フィッシャーマンズコープのTuesday&ThursdayRobsterDinnerCouseMenu

tashi-club19.jpg実は一日目に子供とホテル内のレストランの下見をしているときに発見したのですが、火曜部と木曜日28ドルのコースメニュー。だいたいレストランで夜1品たのむと25ドルから30ドルというイメージがあったので早速木曜日にいってみました。

tashi-club20.jpg

ここは取れたての魚介素材をその場で選んで調理してくれるレストラン。中を見ると新鮮な魚介がずらりと並べられています。

tashi-club25.jpg※子供がはしゃいでずっこけてます。

tashi-club20.1.jpg座席の雰囲気はこんな感じ

コースメニューの内容は、前菜とメイン(ロブスター各種が選べます)の2種といった内容です。まぁこんな感じでしょうって感じですが、ロブスターはやはり調理もちゃんとしていておいしかったです。1日ぐらいはレストランで雰囲気を味わいたいという方なら是非おススメです。

tashi-club21.jpg※前菜

tashi-club23.jpg※メイン:こちらは店員さんがおススメだといってくれたボイルしたロブスター。新鮮な食材の素材の味がしっかりしていて美味でした。

tashi-club24.jpg※メイン:こちらはクリームソースあえVerです。こちらもいい仕事がなされた感じのちゃんとした立派なホテルレストランの一皿でした。

tashi-club24.1.jpg子供用には20ドルぐらいのパスタをたのみましたが、ちゃんとしたレストランのパスタです。魚介とカニの風味が効いたカプリ風な感じでした。

ちなみに、今回は、デザート7.5ドルのケーキをお店の人がお勧めしてくれたので1つたのみましたが、1つを家族3人でシェアして胃袋は大満足な内容でした。ちなみに、六本木ヒルズにもあるRoysでは、コースメニュー一人150ドルとかそんな費用感です。どれだけ安いかイメージが湧きましたでしょうか?

プライベートビーチな感じのビートときれいなプールが好印象

tashi-club4.jpg

ビーチは岩礁に作られたプライベートビーチそのものな雰囲気が漂ういいビーチです。

tashi-club27.jpg夕方

tashi-club28.jpg

昼間

tashi-club29.jpg

岩礁照らすが最高です。

tashi-club30.jpg

陽射しが強い南国の島でも木蔭で涼しい風が吹いてくるスポット。ハイシーズンはすぐに埋まってしまうので朝早めにタオルを置いておくといいです。

tashi-club31.jpg遠浅の岩礁ビーチなので小さなお子さんも安心して遊べます。このビーチはリーフ岩礁となっており、波がおきの方で立っていますが湾内はすごく穏やかです。こっと岩礁近くまでいくとちゃんとリーフ(サンゴ礁)も蜜に点在していて、シュノーケリングすると、大きな魚やきれいな熱帯魚、イソギンチャクみたいな間に潜んでいるクマノミなど本格的なシュノーケリングた十分楽しめます。ココス島ビーチなどにもいったことがありますが、冲側はそれに匹敵する位リーフがきれいでした。

おもてなし関係

タシクラブの部屋の電話をみてみると、宿泊客の名前が表示されていろいろ特典やらレストランのサービスなんかがタッチパネルでみれるんですね。これはちょっと感動しました。

tashi-club26.jpg

客室の様子

tashi-club33.jpg

リゾートを感じさせる白い気のドアがいい感じです。木目調の家具類やドアなどもそれなりのホテルという感じで満足できます。確かに建物は古いですが、ヨーロッパなどのホテルなどは古いのが当たり前なので、個人的にはホテルの部屋の雰囲気と、部屋からの景色、サービスのレベルがよければOKです。

tashi-club34.jpg tashi-club35.jpg

夜のバルコニーからの形式。芝生はちゃんと刈られ、ライトアップされたアイルが神秘的です。波音が聞こえる部屋ってのはやっぱりいいです。

tashi-club36.jpg

昼間の風景。オーシャンビューとホテルの整備された庭園が調和しています。

tashi-club32.jpg15:00ぐらいまでビーチやプールでゆっくしたら、17:00のカクテルタイムまで並の音を聞きながらバルコニーで読書したり、昼寝したりまったりできます。やっぱ波の音が聞こえるのがいいです。

昼と夜の庭園散歩がなかなか面白い

1Fのラウンジから出るとライトアップされた庭園が目の前に広がります。バリ風な雰囲気がありつつ洗練されたリゾートという感じの庭園散歩道。夜あるくととてもいい感じです。

tashi-sanpo1.jpg tashi-sanpo2.jpg tashi-sanpo4.jpg

夜庭園を歩いていると、大きなヤドカリや

tashi-sanpo3.jpg

大きめなカエルなんかに遭遇したります。動くものが好きなお子さんなら夜の散歩はちょっとした散策としておススメです。

tashi-sanpo5.jpg

ヒルトンの庭園は実は結構広く、チャペル側の奥の方まで続いています。ロッククライミングの装備を背負った人が時折庭園を通るので山側まで散策してみたのですが、こんな感じの森のアイルなどがあり、ちょっとしたオリエンテーリングもどきができたりします。

tashi-sanpo6.jpg

南国の花とか、蝶などもいるのでカメラをもっての散策がお勧めです。

tashi-sanpo7.jpg

ヒルトンバケーションクラブ

ラウンジでお子さんと朝食を食べているとバケーションクラブの方がスクラッチカードを配ってくれます。これをバケーションクラブのカウンターに持って行くとキーホルダーやタオルなどの特典と交換してもらえます。ちなみにチェックいするとバケーションクラブの案内の青い封筒ももらえますのでその中のカードをもっていっても特典と交換してもらえます。お子さんは絶対喜ぶので是非トライしてみてください。

vacationclub1.jpgちなみにヒルトンバケーションクラブではヒルトンホテルのコンドミニアムをタイムシェアするオーナーズプログラムの紹介をやっています。東京で奥さんと2人で説明会へいくと、なんとハワイのヒルトンコンドミニアム1泊260ドル相当を3泊無料でもれなくもらえてしまいます。早速我が家でも日比谷の説明会の予約をしました。ちまにみ以前ヒルトンホテルに泊まった時も同じように昼食1万円分を無料特典でもらって週末新宿ヒルトンでただ飯にあづかりましたが、1年以上たっていれば、なんどでもOKなのだそうです。そう現地のデスクの人がいっていました。今回はハワイの宿泊代3日分無料をゲットしてみようと思います。

vacationclub2.jpg必要事項を書き込んでインビテーションカードをもらいましょう。説明会に行くとそれなりにオーナーにならないかと営業されますが、確か200万から250万円位からあったように記憶しています。エクシブの一番下のメニューと同等レベルですね。年間ポイントがもらえて、そのポイントを使っていつでも無料で宿泊できるというモデル。エクシブの場合ルームチャージが1万かかるので、それと比べると、こっちの方がお得な感じがします。出張が多くてマイルが溜まりまくる人などはハワイのヒルトンコンドミニアムはありかもしれません。お子さんなどはYMCなどに通って英語の勉強なんてのもいいかもしれませんね。まぁ車を1回かうかどうか迷っている人であれば、確かローンも組めたとおもいますので考えてみてもいいかもしれません。ちなみに、グアムには専用コンドミニアムはありませんが、メンバーズカードの提示をすると、確かポイントを使って部屋代がかからなかったように思います。この辺はまた説明会で聞いてみようと思います。

その他注意事項

オンワードホテルなどはビーチのアクティビティ類の基本はすべて無料でしたが、ヒルトンの場合は、シュノーケリングやライフジャケット、フィンなどはすべて有償となります。たしか1日15ドル位だったと思いますが、数日泊まるとなると、この金額がバカにならないので日本からビーチセットを持っていくことをお勧めします。タオルはルームナンバーを言えば人数分無料で貸してもらえます。

tashi-club37.jpg

ちなみに、2つのシュノーケリングセットと浮き輪を1つ持参しました。さすがにライフジャケットは荷物になるので浮き輪で十分です。

日本語対応

タシクラブは日本人の宿泊客が非常に多い印象がありました。シェラトンやアウトリガー は中国系、韓国系の人が多かったイメージがありますが、ヒルトンのタシクラブ側はやはり日本人密度が多い感じがしました。メインロビーは英語ですが、タシ クラブカウンターで綺麗な日本語を話された時は正直びっくりしました。片言でなく、相当なレベルの意思疎通が可能です。ただし、深夜のチェックインや朝一 の飛行でチェックアウトする際は日本語が話せるスタッフはいなくなるそうです。プールサイドやレスト欄なんかも英語が話せなくても身振り手振りで大体なん とかなると思いますが、やはり英語が使えた方がいろいろおまけが出てくる感じがします。(これは気分の問題かもしれませんが)

タシクラブの感想

グアムにあるホテルは高級ホテルであっても実は数十年前に建てられて古い建物が多いのですが、古さは別として、やはりサービス面やゆったりとした雰囲気を味わうという点ではタシクラブは絶対おススメです。我が家でも次に行くときはまたタシクラブにすることにしています。人によっては価値感がさまざまですが、値段を気にせずお酒を飲めるというのが個人的にはたまりませえんでした。久々のオフで仕事でなく家族と海外にいくのでしたらお酒を飲むのに金額を気にしたくないものです。我が家では小学校低学年の子供1人ですが、ビーチも遠浅で少しいけばきれいなサンゴ礁があり、1日中シュノーケリングしても飽きないのがよかったです。プールではウォータースライダーもあり、兄弟、姉妹がいるご家庭でもホテル内で数泊する分には十分に安心して楽しめる施設がそろっていると思います。

ちなみに、私の場合は、直接予約したので、空港からタクシーで20ドルかけてホテルまで来ました。帰りも20ドルぐらいでしたが、ちょうど空港から真ん中を突っ切る裏道みたいなのがあってそこを運転手さんが必ずとおってくれるのでこれ以上高くなることは無いハズです。

今回は4泊5日で999ドルでした。

hilton-reciet.jpgタシクラブの領収書:11%のチャージがつくのでご注意を。

ヒルトングアムリゾート&スパ タシクラブの予約

【こちらの宿泊一覧から下記宿泊プランがおススメです。朝食付き、ラウンジ家族全員無料利用で227ドル/日】

タシクラブオーシャンビュー(ラウンジ朝食付/家族全員ラウンジ利用無料) TOV
227.00USD/部屋
タシクラブ地上階-4階、32平米のグアム唯一波音の響くお部屋。全室ウォシュレット完備。ツインまたはキングサイズベッド1台。最大収容人数は大人2名と添い寝(11歳以下)のお子様2名迄。

>> Hilton Guam Resort & SPA TASI CLUB詳細

グアムヒルトンホテルの最安値を確認するなら『トリバゴ』 で横断比較してみてもいいと思います。

グアムのショッピング

ヒルトンに泊まった場合は歩いて20分ぐらいのところにABCマート

tashi1.jpg

ヒルトンの門を出て

tashi2.jpg

左側に向かってひたすら歩きます。信号を2つ分です。

tashi4.jpg

グアムビジターセンターが丁度中間地点です。

tashi3.jpg

ビジターセンターから丘を越えて

tashi5.jpg

パシフィックスターホテル(PacificStarHotel)が見えてくればほぼゴール。

tashi6.jpg

ABCマートに到着です。

tashi7.jpg中心街にはお馴染み赤いバスで10分位。ツアーでない場合は、4ドル払って乗ることができます。ちなみに子供は料金とらない感じです。

tashi8.jpg

行先はT-Galleriaを目印に行くと丁度アウトリガーホテルの真向いの交差点ありDFSにおろしてもらえます。

tashi9.jpgDFSの交差点からわたって奥のお店がブランドモノでなくて一般雑貨やTシャツなどが売っているお土産屋さんです。ここたいおススメです。

tashi10.jpgな かはこんな感じ。子供服やいろいろな雑貨が10ドルぐらいで買えるお店でいつもここでお土産やらを買っています。そいう意味ではヒルトンの場所は繁華街の 中でうるさくもなく、バスにのればすぐという丁度いい距離感だったります。タクシーにのっても15ドルはかからない感じです。

ビーチリゾートホテル 1,000円代~5つ星ホテルまで

グアムその他のおススメホテル

guam-hotel-view.jpg

グアムで私が個人的に泊まるとしてたら以下の8つのホテルがおススメホテルです。このほかにもいろいろとありますが、やはり旅行はホテルでその良し悪しが決まるとも言えるので、目的と予算に合わせたおススメなホテルをリストアップしておきました。海外のホテルですと位置関係が今一つつかみにくいという人もいると思いますが、上の写真の一番右の奥の先にオンワードビートリゾートやシェラトン、真ん中にハイアット一番右にウェスティンがありますが、そのさらに右以降にアウトリガーやホテルニッコーがある感じです。空港から降りてきてすぐのアガナ湾から市街地が広がるタモン湾へ向かって立地する順に並べていますので参考にしてみてください。

■オンワードビーチリゾート

ホテルに隣接するウォーターパークが無料で使えるのがお得です。またシュノーケルリングやライフジャケットなどはすべて無料でビーチで借りられました。小さなお子さんがいるご家庭におススメ。客室やホテル全体としては古い上にあまり豪華ではないですが、隣接するウォーターパークは結構広いいので小さなお子さんがいる場合はそれなりに選択する価値はあります。中心街から離れていて、近くにスーパーやABCマートなんかはなかったですが、ホテル内に2件お店があって、おにぎりなどはABCマートと同じぐらいの値段2ドルぐらいで売っていました。

■シェラトンラグーナグアムビーチリゾート

オンワードビーチリゾートの隣の丘にあるホテル。それなりのグレードで、朝食が出張でとまるようなそれなりの高級ホテルな感じのグレードでよかったです。泳げるビーチはないのですが、ビーチで遊ばないでプールでまったりする感じならOKだと思います。ただ、小さなお子さんが遊べるところがプールぐらいしかないので、カップル向けかもしれません。部屋は都心のホテル風なつくりでした。ロビーは高級感があります。

■パシフィックスターリゾート&スパ

右側のタワーは比較的新しいタワーです。ビーチもプールもいい感じでお値段もお手頃です。ホテルのすぐ近くにABCマートや手ごろな現地レストランなどもあり、お値段もお手頃でそれなりの高級感があるのでおススメです。ただし、絶対に右側の新しい方に泊まりましょう。

■デシュタニグアムリゾート(タモン市街地徒歩8分位)

2015年にできたばかりの新築ホテル。タイ風なアジアンテイストな5つ星ホテル。パシフィックスターとハイアットの間位にあってリッチも街中に近く歩いて行ける利便性があります。5つ星ホテルですが、タシクラブに+50ドルぐらいで宿泊できる値段設定です。

■ハイアットリージェンシーグアム(タモン市街地立地)

言わずと知れた高級ホテルのハイアットですが、素泊まりなら265ドルぐらいで止まれます。タシクラブのようにクラブラウンジや朝食付きとなると400ドル近く。一度は止まってい見たいホテルの一つです。

■アウトリガーグアムビーチリゾート(タモン市街地立地)

グアムの繁華街のど真ん中にあるホテルです。ホテルとショッピングモールが一体化されているので買い物が好きな人にはおすすめです。ビーチやプールもきちんとあり価格面、買い物利便性、レストランや食事の選択肢の多様性などすべてそろっているホテルだと思います。ホテルの部屋は都心の高級ホテル風な感じでリッチなリゾートホテル風です。300ドル以上の一部の部屋に宿泊すると、タシクラブとはまたワンランク上のクラブラウンジで軽食やお酒がのめたりします。

■ウェスティンリゾートグアム(タモン市街地立地)

こちらも高級ホテルの代名詞WESTIN HOTEL。やはり素泊まりで244ドルからのお値段です。朝食は基本有償でレストランを選ぶスタイルです。うーん、なかなか宿泊できないホテルの一つですね。立地はアウトリガーとハイアットの間位だっと思いますが、DTFの真向い位。ブランド品を買いあさるようなセレブがとまるイメージが強いホテルです。

■ホテルニッコーグアム(タモン市街地徒歩10分位)

空港から坂をおりてオンワードビーチリゾートが一番左に立地するホテルとすると、タモン市街地に近い一番右側にあるホテルです。全室オーシャンビューで、建物も古くなく安定したホテル。プールやビーチもきれいで小さなお子さんのいる家族が多いホテルという印象があります。朝食付き宿泊も200ドルからあってお値段もリーズナブルです。

グアムビジネスクラスの紹介

今回は出張マイルが大分たまりしたので、航空券は妻1人分だけ購入して、子どもと私はマイルで3人で往復ビジネスクラスで行ってきましたので機内食と、ちょっとしたサービスがあるかもという点など紹介します。

ビジネスクラスですと、優先登場後から飲み物サービスなどがあるのですが、その際にパーサーの人と仲良く話をしていたら、子供がいるということで、なんとコックピットへ招待してもらえました。はじめはちらっと見るだけかと思ったのですが、多分右座席なので副操縦士の人だと思いますが、その人と話をしはじめると、子供をコックピットに座らせて写真をとってもいいよ!と言ってくれたのでラッキーでした。

unitedairline1.jpg席について子供に計器類の説明や、スロットルの説明や足で踏む装置の説明などいろいろしてくれたのはなかなかできない体験です。

家族旅行にビジネスというのはちょっと贅沢なイメージがありますが、ユナイテッドでグアムならば半年ぐらい前から早割で直接とると8万円ぐらいで予約ができますので実は繁忙期のエコノミーを予約するつもりで頑張ればビジネスも乗れたりするような感じかもしれません。

行きの機内食

business1.jpg前菜のサラダにCAの方がパンを都度もってきてくれます。

buisiness2.jpgメインはスズキのソテーにしました。

business3.jpgデザートのプリンが美味しかった―。

帰りの機内食

business4.jpg帰りは早朝便ということで、前菜やデザートは確かなし、で朝食ちっくな内容でした。フルコース食べたい場合は、夕方の便にするといいかもしれませんが、夕方便が18:00ぐらいなので、チェックアウトしてから時間潰すのが面倒という我が家は朝一で帰国しています。

business5.jpg

成田のラウンジ(スターアライアンス系)

ANAラウンジ

unitedairline2.jpgANAのラウンジはとにかく食事が豊富です。奥のカウンターで麺類なども無料で注文できるのが特徴。ただし、ラウンジはそんなに広くないのでちょっと窮屈な感じです。というか、ANAラウンジは羽田もそうですが、いつも混んでいるイメージがあります。成田は一番奥なのでちょっと遠いのに。

United Airlineラウンジ

unitedairline3.jpgユナイテッドのラウンジは、とにかく広くて高級感がある感じです。ザ・ジャパンという感じの屏風やオキモノがあって食事にこだわらないのであればこちらがゆったり休めます。

unitedairline4.jpg

いつも思うのですが、ユナイテッドラウンジの方が出発ロビーから出てすぐなのにいつもすいている感じがしています。このすいている感がゆったり感になのかもしれません。

グアムのラウンジ

unitedairline5.jpg2年前のラウンジ。今回とかわってませんでした。

unitedairline6.jpgおにぎりやワッフル、カップラーメンやフルーツが食べられます。個人的にはオーストリアのラウンジの雰囲気に似ているといつも思うのですが、ラウンジでよかったのはフランクフルトのファーストクラスラウンジでした。ビジネスクラスだったのですが、ファーストへ入って良いですよと言われてはいりましたが、すごかったです。

海外のホテル手配に便利なサイト

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

このサイトはエリアや条件を指定して検索すると、いろいろなサイトの価格やいろいろなサイトに掲載されている実際の利用者のレビューが横断的に確認することができるので、初めてのエリアでホテルを探したり、行きつけのホテルであっても、とにかく安くとりたいというときなどには便利です。

以下に楽天トラベルからHotelTravel.comまで5つほどよく使っているホテルブッキングできるサイトを紹介しますが、トリバゴの場合各順でリスト表示してくれるので、一見さんで、今回はとにかく値段を重視という人は、こういう比較サービスで目星をつけてシーズン価格なども加味して安値を見てから具体的にブッキングするとお得な予約ができると思います。何より手間と時間の短縮なるのでツアーでなく、ご自身で海外ホテルを取ろうなさっている初心者の方にはおすすめです。

楽天トラベルーグアムホテル予約

楽天トラベルを使うメリットは予約すると楽天ポイントがたまる点でしょうか。バウチャーがオンラインで発行されますので、ホテル宿泊時はバウチャーをもっていくか、印刷し忘れても、名前を言えばちゃんとホテル側に電子バウチャーがいっているおで対応してくれるので便利です。

Hotel.com

こちらは出張で会社で手配が間に合わない時などに良く使います。いい点はフリーダイヤルに電話を掛けると、日本語を話せるオペレーターがホテル名だけいえば、ブッキングしてバウチャーを発行してくれるので便利です。ブッキングコンファームとキャンセル処理のためクレジットを電話でも事前登録しますが、安心して利用できると思います。

Booking.com

こちらもホテルコムとと基本同じサービス。特徴は割引が適用されたオリジナル在庫がある点。ホテルコムと値段を比較して使うことが良くあります。

HotelClub

メンバー登録すると、課金だけの特別料金が選べるサービスがあります。iPhone、Androidアプリがありので、そちらで毎日配信される特ダネ宿泊プランをみているとそれありきで旅行を決めていいかもしれません。格安プランのカラクリは、突然でキャンセルがでたり、ホテル側がプロモーションとして体験うろグラム的に用意している宿泊プランが通知されることが多いです。たまに見ているとバリのアマンリゾートが6万円、●●月●●日まで予約の場合みたいな掘り出しプランも通知されたと思います。

HotelTraval.com

こちらのサービスは海外の人が使うイメージが強いです。ヨーロッパ系のホテルも強いのが特徴だと思います。このサービスもコールセンターなどに力を入れている感じで、チャットやメールは24時間対応しています。基本は予約時にクレジットカード番号が必要となりますが安心して利用できるサービスだと思います。

 

 

 



2015年09月22日 ネズミ1号:略称「T」
,


前ページに戻る


,


おすすめ記事

関連記事