ホーム > ライフ・その他 >

あなたの自転車を簡単に電気アシスト自転車にできる-FlyKly Smart Wheel

2013年12月08日 ネズミ1号:略称「T」
,


FlyKly.com:FlyKlyという製品は、自転車の後部車輪につけるだけでもっている自転車を簡単な電動アシスト自転車にしてくれるそうです。構造は単純で、バッテリーが内部にあり、回りがモーターとなっているものです。下り坂などでは、車輪の回転によりバッテリーを充電し、逆に坂道では、後輪のスポークに付けられた白いホイールがモーターとしてアシストしてくれるという単純明快なものだそうです。実はスマートフォンアプリとの連動もでき、どれぐらい充電されたか、またアシスト切り替えなども操作もできるようです。日本で電動自転車を買おうと思うと十数万円します。このスマートなホイールは本体価格が$590ドル。2時間の充電でおよそ3時間利用できるそうです。以下FlyKly社のビデオから分かりやすく概要を抜粋してみましたのでご興味のある方はどうぞ。


 

 

今ある自転車に簡単に装着可能!

smart-wheel01screen-high.png

スマートフォンでインテリジェントにアシスト制御ができる

smart-wheel02screen-high.png

もうカギもいらない。スマホから自転車をロック

自転車を駐輪する時はスマートフォンからカギをロック。盗難された時などは、GPSで車両を追尾も可能だそうです。

smart-wheel03screen-high.png

盗難された時は、スマホにメールで知らせが届き、GPSでどこに自転車がいるか追尾できるすぐれもの

smart-wheel04screen-high.png

スマートフォンドックでは充電もできる。もうスマホのバッテリー切れを心配する必要もないそうです。

smart-wheel05screen-high.png

充電は自宅のAC電源でOK

smart-wheel06screen-high.png

走行データやバッテリー状態、故障などもスマートフォンから管理

スマートフォンから走行データなども分析でき、故障などがあれば、スマートフォンからチェックし、そのままサポートを受けることも可能。

smart-wheel07screen-high.png

シンプルな構造で、どんな自転車にも取り付け可能

構造はすごくシンプル、ホイールの半分がモーター、逆半分に数十個のバッテリーセルが格納されています。

smart-wheel08screen-high.png

取り付けは、後輪のスポークに挟み込むだけ

smart-wheel09screen-high.png

どんな自転車にもマウント可能で、車体カラーに合わせて色も選択できるそうです。

smart-wheel10screen-high.png

アプリはiOS,Android,ウェアラブルコンピュータではPebbleWatchなどに対応しているそうです。

smart-wheel11screen-high.png

FlyKlyのSmartWheel諸元表はこちら(HPより)

バッテリー寿命が1000回の充電というのがちょっときになります。

smart-wheel12screen-high.png

現在予約販売中のようで、サイトの「preorder」コーナーより事前申し込みができるようです。



2013年12月08日 ネズミ1号:略称「T」
,


前ページに戻る


,


おすすめ記事

関連記事