ホーム > ライフ・その他 >

こんなホテルに泊まってみたい!?断崖絶壁のプライベートオアシス

2013年11月23日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: ,


アウトドア , ホテル , 休日

iGiant:メキシコの美しいワイン畑に実験的な宿泊施設。この施設を設計・運営しているのはDavid Garcia Studio社。同社は、通常では宿泊施設の建設など考えられないような場所へ宿泊施設を立てるという現代建築技術を積極的に活用し、プラットフォームとして開発プロジェクトを行っている企業のようです。
デンマーク・コペンハーゲンを拠点するDavid Garcia Studio社は既存建築様式に対し新しい手法を挑むことをモチベーションとしている企業で、ホテルなどの宿泊施設から個人の邸宅まで正解各国で手がけています。今回紹介するぶどう畑の宿泊施設は、荒涼とした断崖絶壁にあるようなリゾートをイメージして設計されたものだそうです。


 

 

表題は、ぶどう畑の宿泊施設とされていますが、メキシコのぶどう畑ってまるで砂漠のような、グランドキャニオンのような感じで、ここに泊まるには玄人でないととても無理だと思えてしまうような環境のようにも見えます。

今回のプロジェクトは周囲の荒涼とした環境の中に溶けこむような体験を味わえる施設として設計されたようですが、写真を見る限り、快適にこの環境に溶け込みながらゆっくりできそうな設計になっているようです。

dangai01-1.png

まるでスターウォーズのロケに使われそうなシーンですね。ぶどう畑といいますが、これはヒルトップな感じでしょうか。荒涼としていて私的には砂漠の荒野に合わられた宿泊ポッドみたいですね。

dangai01-2.png

ウッドデッキスペースもあり、屋外暖炉もついているようです。夜は静かで、星空も綺麗なのでしょうね。地球上でない感じがするかもしれません。

dangai02.png

寝室はウッドデッキとつながっている造り。サイドが格子状の全面ガラス張りですので、日差しと景色が見えるバランスも絶妙にとれているようですね。

dangai04.png

洗面台などのアメニティ施設も装備されているようですが、奥にバスルームなどもあるようです。
dangai03.png



2013年11月23日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: ,


前ページに戻る


 タグ: ,


おすすめ記事

関連記事