ホーム > ライフ・その他 >

失敗しないキャンプ用品の選び方:初心者は特に道具のコンパクト化による手軽化がポイント

2014年05月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , ,


若い人も小さなお子さんがいるご家庭も最近アウトドアする方が多いのではないでしょうか?いきなり道具を全部そろえるというとそれなりの知識がいりますし、キャンプ場などもいろいろあるので初めてやろうとう気になるまでには結構敷居が高かったりするのかもしれません。我が家では10年ぐらいキャンプをしていますが、はじめは富士五湖や千葉方面の海へドライブがてら、椅子とテーブルを買って、お弁当みたいなことろからスタートしました。10年ちかく経つといろいろ購入してきたわけですが、今から思うと、初めからこういうコンパクトな便利なアイテムがあれば十分だったと後悔することも多々あります。今日は荷物もコンパクトでこれさえあれば手軽にアウトドアできるアイテムについてまとめてみました。


 

 

泊まるならまずは簡易なテントから

テントといっても1ルームから2ルームなどさまざまなテントがあります。お子さんなどがいて本格的にという方は2ルームテントをおすすめしますが、組み立てる方法など何気に慣れていないと初心さんなどは初めキャンプ場で汗だくになり四苦八苦するものです。3人から4人ぐらいまでなら実はコンパクトな1ルームテントでも十分だったります。あとは、夏でしたら強烈な日差しを遮ったり、突然雨が降っても椅子やテーブルや荷物を守れるたコンパクトなタープなどがあると便利です。「タープ?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、2本のポールに日よけのようなシートを張るものす。椅子やテーブルを置くとちょっとしたリビングのような空間が作れたりします。では以下の画像などからイメージしてみてください。

コンパクトでお手軽な1ルームテント

tent01thumb-AF.png North Eagle(ノースイーグル) イーグルミニドーム200IINE164 [2~3人用]

「えっこんなに小さいので3人用?」と思われるかもしれませんが、縦横2mあれば、家族三人ぐらいなら十分な広さなのです。逆に大きいものですと、実は組み立てが非常に大変です。支えとなる骨組みも必然的に長くなるので、一人では組み立てらないこともあります。2ルームテントなどはまさにこの例も多く、私の場合も妻に手伝ってもらって組み立てるのが実は結構億劫です。今となっては、こうしたシンプルなものでもいいかなぁと思っています。

ノースイーグルは海外製ですが、価格も5000円から6000円代とお買い得でこういうのをまずは買ってみて、やっぱうちではキャンプは..という場合は、こっそり物置にしまっておいても後悔しない範囲の買い物として封印してしまってもOKですね。

  • 重量:約3.5kg
  • 本体サイズ:約200×200×125cm
  • 収納サイズ:57×15×15cm
  • 材質:フライシート/68Dポリエステルタフタ(UVカット)耐水圧1500mm、インナー/68Dポリエステル、フロア/PEクロス、ポール/径8.5mmグラスポール
  • 付属:ピンペグ×10本、自在付ロープ×4本、収納ケース

コンパクトでお手軽な1ルームテント:ちょっとブランド志向

tent02thumb-AF.pngスノーピーク(snow peak) アメニティドームL [5~6人用] SDE-003

新潟にある山登りの好きなもと金物屋さんの社長がつくったこだわりのキャンプ用品メーカーです。今ではちょっとしたブランド品という感じですね。値段は張りますが、ほぼ一生ものとして利用するには間違いのない製品です。雨などが降って、ちゃんとたたむ余裕などなくても、スノーピークの専門店へぐじゃぐじゃのままテントを持っていくと3000円で新品同様に乾燥・収納してくれるサービスもあったりします。このサービスは直営店でしか受けられなかったと思いますが、最後のキャンプという時には、3000円で新品同様に梱包してもらい、次のシーズンに気持ちよくまたアウトドアができるという利点もあります。
2ルームテントのPROシリーズなどは18万円近くもするんですが1ルーム用テントなら実はお買い得だったりします。でも写真の商品でも店頭価格で3万から5万ですね。amazonなどで安いものを探してみてください。2万円代で見つけられることもありますが、テント生地などが耐久性のないものもありますのでご注意ください。ちなみお店では安売りは基本していません。

  • 材質1:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1800mmミニマム・テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ
  • 材質2:ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧18000mmミニマム、フレーム/超々ジュラルミンA7001+A6061・径9.3mm+8.5mm
  • 収納サイズ:55×22×18cm
  • 重量:4.9kg(フレーム、ペグ、ロープ含む)
  • セット内容:インナー、フライシート、本体フレーム(×3)、前室フレーム、ジュラピンペグ(×16)、自在付ロープ(2.5m×2、二又用1.9m×2、二又用1.4m×2、0.7m×2)、シームグリップ剤、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース、リペ

コンパクト収納タープ

tent03thumb-AF.pngスノーピーク(snow peak) ライトタープ ポンタ シールド STP-360

2本のポールで支えるだけ、あとは左右のロープの張り方を工夫くすることで、ちょっとしたリビングスペースに大変身する優れものです。1ルームテントのでは入口にかぶせることで、寝る場所と、テーブルや机を置く場所にちょうどいい日よけのスペースができますし、なにより雨が降った時など道具がぬれずにすみますので、おすすめです。タープがあるとキャンプが一味かわったものになりますので是非お勧めです。スノーピークはキャンプ道具の中では高級品ですが、コンパクト寸法のタープは1万円前半と結構お買い得です。コールマンとかロゴスとかでもあるのですが、安くても7000円とか9000円ぐらいはします。ポールなどの材質やロープの品質も値段のわりには結構ショボいのが多かったです。スノーピークはポールの材質もステンレスですし、そんなに金額がかわらないのであればタープはスノーピークが実は結構お勧めだったりします。収納もコンパクトなので車のトランクもがさばりません。

  • 材質1:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1800mmミニマム・テフロン撥水加工(初期撥水100点、5回洗濯後90点)・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ
  • 材質2:ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧18000mmミニマム、フレーム/超々ジュラルミンA7001+A6061・径9.3mm+8.5mm
  • 収納サイズ:55×22×18cm
  • 重量:4.9kg(フレーム、ペグ、ロープ含む)
  • セット内容:インナー、フライシート、本体フレーム(×3)、前室フレーム、ジュラピンペグ(×16)、自在付ロープ(2.5m×2、二又用1.9m×2、二又用1.4m×2、0.7m×2)、シームグリップ剤、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース、リペ

シュラフ(寝袋)

tent09thumb-AF.pngキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブマミーシュラフ600 グリーン[最低使用温度5度] M-3438

テントの次は寝袋です。夏用の薄いものもありますが、キャンプちは夜冷え込むこともあるので、これぐらいのものを買ってい置くと秋口まで使えると思いますs。こちら5度ということですが、小さなお子さんなどと行く場合は、秋口の気温として12,3度を目安にするといいと思います。大体表示気温の+5から8度を目安にするといいと思います。値段も2000円代でお手頃ですので、夏場キャンプにはまって9月末から10月初旬までやっぱ行きたいねとなるようでしたらこれぐらいのものを選んでおくと買い換えの必要なく経済的だと思います。良くテントの中に引くシートなども購入するケースが多いですが、夏場でとりあえずということでしたら、あとから買ってもいいと思います。ただごつごつするのがいやだという方はテント内にしくシートなども検討してもいいでしょう。

  • サイズ : (約)800×2100mm
  • 重量 : (約)1100g
  • 材質 : ポリエステル100%、中綿/ホローファイバー600g、収納袋/ポリエステル100%
  • 3シーズン対応

tent10thumb-AF.png

Coleman(コールマン) レジャーシート ストライプ 2000010665

だいたい1ルームテントのサイズは2m×2mが一般的です。2m角のテント専用の正方形のものありますが、6千円ぐらいしたかと思います。ちょっといびつでも右の商品は2000円から3000円代です。30㎝ほどスペースが空きますが、バックなど荷物を置くと割り切るとこれで十分だったりします。

  • サイズ:使用時/約200×170cm、収納時/約直径15×45cm
  • 重量:約1.2kg
  • 材質:表地/アクリル、インナー/PUフォーム、裏地/PVC

tent11thumb-AF.pngColeman(コールマン) リビングレジャーシート/250 ストライプ 2000013391

こちらのシートは7000円後半とちょっと値は張りますが、四隅が数センチほど張りが出るような枠になっています。このいいところは砂とかが入りずらいという点ですが、こういうのを買っておくと2ルームテントなどにした際に片方の外と繋がる部屋をリビングスペースとして流用する時などに快適だったりします。(あくまでも参考程度まで)

  • サイズ:約235×235cm、収納時/約36×34×高さ21cm
  • 重量:約2.1kg
  • 材質:アクリル、PEVA、PUフォーム
  • 仕様:縁の立上げ構造

オールインワンの椅子・机が初心者にはおすすめ

tent04thumb-AF.png

FIELDOOR 折りたたみアルミレジャーテーブルワイド&折りたたみチェア6脚セット レジャーテーブル [その他]

次は机や椅子です。良く別々に揃える人がいますが、実はこの椅子がくせもので結構1脚1脚車のトランクや荷物ルームでががさばるのです。量販店などで見ると分かると思いますが、これを4つとか車に積むとなるとそれだけでトランクはパンパンになるのです。右のようなテーブルですと、椅子がテーブルの中に折り畳み式で収納できるので、平たい板一枚分のスペースで済んでしまいます。8千円から1万円とちょっと高めですが、2000円代の椅子を4脚そしてテーブルという買い物をするのでしたら、一度買っておくとどんなシチュエーションにも使えるので、このあたりはケチらずしっかりしたものを買うことをおすすめします。うちでは、下の椅子がばらばらのタイプをもっていますがもう3年目になりますね。

  • テーブルサイズ:幅91.5×奥行66.5×高さ36/47.5/67/78.5cm
  • ベンチサイズ:幅87×奥行25×高さ36cm
  • 重量:9kg
  • 原産国:中国
  • 材質:天板=合成樹脂化粧繊維板(ポリエステル)、脚部=アルミ・スチール
  • テーブル天板サイズ=幅90×奥行65cm
  • パラソルホール径:32mm
  • ベンチ天板サイズ=幅88×奥行25cm
  • 収納時サイズ:約幅91.5×奥行36×高さ10.5cm
  • 天板:耐熱約150℃・耐滴加工
  • 天板耐荷重:40kg

tent05thumb-AF.pngキャンパーズコレクション ユニシステーブルセット4 SYS-4(WH)

これは好き嫌いにもよるとは思いますが、私の場合は、椅子がバラバラになっている方が椅子だけでもいろいろ使えるのでこちらのタイプを使っています。ただし一つ難点は、個々の椅子をちゃーんと整理整頓して机の天板にいれないと、なかなか机がたためない時があります。疲れているときとかはなにげにいらいらするのですが、まぁ慣れればこのタイプがお勧めです。

  • テーブル:展開使用時(約):幅120cm×奥行69cm×高さ72cm 折畳収納時(約):幅60cm×奥行69cm×高さ10cm パラソル用ホール直径(約):25mm
  • いす(スツール):折畳収納時(約):横33cm×縦53cm×厚さ2cm 展開使用時(約):幅33cm×奥行31cm×高さ42cm 座面の高さ(約):41cm
  • 重量:(約)10.7kg
  • 材質:アルミニウム、ポリエステル、スチール

ランタン(電球)

キャンプ場によっては、夜は真っ暗で、明かりがないと何も見えなくて不便です。いろいろなランタンが売っていますが、初心には、以下に紹介する電池式がお勧めです。

tent06thumb-AF.pngGENTOS(ジェントス) LEDランタン エクスプローラー プロフェッショナル 【明るさ280ルーメン/連続点灯72時間】 EX-777XP

我が家では、実はこの10年ほどでランタンを5個近く買っています。はじめはガスランタン。確かにあかるいのですせが、燃料の専用管を買うので面倒でそのうちつかわなくなりました。次に電池式のランタンです。コールマンのやつを買いましたが、単2電池をなんと8個。1日つかうと暗くなりかけるという代物でこれも捨ててしまいました。そんななか、GENTOSのランタンは、非常にあかるく、電池の数も3つだけ、ハイモード72時間、LOWもーどで144時間連続点灯とういスペックですが、LOWモードでも十分明るいので、(そもそもハイモードにしてもあまり変わらない)我が家では、4年近くもう電池を変えていません。本当に明るいので自宅のデッキでバーベキューするときなどにも使っています。キャンプする際には、タープの下、テントの中と2つそろえることをおすすめします。価格も3千円ぐらいの経済的です。、昔購入した電池式、ガス式が1万円近くと考えると最初からこを2つ買った方が断然お得です。

  • 明るさ:280ルーメン
  • 光源タイプ:高輝度チップタイプ暖色LED3灯
  • 稼働時間:Highモード72時間 Lowモード144時間
  • 使用電池:単1×3本使用
  • 付属品の一覧追加:吊り下げ用ハンガーフック
  • 本体サイズ:φ84×185mm
  • 重量:817g(電池込み)
  • 防滴仕様

この消費には、300ルーメンタイプもあるのですがこちらは電池のもちがカタログ上半分となります。280ルーメンタイプが本体価格も安く、電池の持ちの長いのでおすすめです。

たき火台(バーベキューグリルは絶対買うな!)

tent07thumb-AF.pngユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

キャンプ場へ行くとBBQしようという方が多いと思います。多くの人が失敗するケースでバーベキューグリルを買ってしまう事です。2000円とかで売っているのですが、実はこうしたBBQセットは炭火を作らなければならず、結構手間がかかるのです。またキャンプというと、薪(たきぎ)を燃やしながら夜のひと時を過ごすってのも乙(おつ)なのですが、最近のキャンプ場では、地面での直火を禁止しているところが殆どだったりします。薪はキャンプ場の売店で販売していることが多いので家から持って行くことはないですが、売店で薪を買おうとすると、直火焼きは禁止なので!とオジサンに言われてショックを受けるようなことも良くある話です。そうい時のためにも、このようなたき火台は初心者と言えども必須アイテムだと思います。
実はこういうたき火台は非常に便利で、炭を買っておいて、この上にくべておき、その上でたき火をもやしておくと、簡単に炭火ができたりするのです。写真のように網ものせられるので、この上でお肉とか野菜とかを焼くと、炭火焼の本当においしいBBQが手軽にできたりもします。これがあるのとないのとでは楽しみが10倍は変わると自負しています。

また我が家では、たき火をしながらこの網の上でお鍋を載せてちょっと寒い時期などはシチューやミネストローネなどもつくったりしています。これは本当に便利です。

特に火お越しから、炭火を作ることに慣れない初心者には絶対そろえておくことをお勧めします。収納も平らにたたんで非常にコンパクトに収まります。

ガスコンロ

tent08thumb-AF.pngソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

上のたき火台も非常に便利なのですが、寝る前にちょっとあったかいコーヒー飲みたいとか、朝食で買っておいたカップめんをすすろうとういう時などいちいちたき火を起こすのって結構面倒です。そいう時に便利のなのがこのガスコンロ。大きさはたたむと手のひらサイズの小ささになります。でも火力は十分で、非常にうれしいのが、スーパーで売っている市販のガス缶が使えるのです。キャンプ用品専用のガス缶ですと1個1000円から2000円ぐらいする専用ガスタンクを買わなければならないのですが、この商品は市販のガス缶が使えるので非常の経済的です。私ももっていて重宝しています。その実力については「これは便利。パパ力を発揮できるキャンプ・アウトドアグッズ」にも詳細を書きましたので是非ご覧ください。

  • 外形寸法:幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)・110(収納時)mm
  • 重量:350g(本体のみ)
  • 原産国:日本
  • 発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
  • 使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
  • 付属品:収納ポーチ
  • 使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
  • 材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
  • 点火方式:圧電点火方式

お鍋・食器

20140819conpacttent03thumb-AF.pngユニフレーム(UNIFLAME) ステンレス食器ケースセット3 667866
直径約15㎝・府kさ5㎝から6㎝という超コンパクトな食器兼調理なべにもなるセットです。ステンレス製で直接ガスバーナーにかけて調理もできるすぐれものです。取っ手がついているので調理して出来上がったらそのまま食器として使うことができます。サイズもコンパクトで、SOTOのガスバーナーとこれをデイバックなどに入れておくと、ちょっとしたアウトドアなどで威力を最大限発揮するすぐれものです。 BBQを主体にすることが多いと思いますが、よっぽど大食いでない限り、実はこういう鍋でパスタとかスープとか調理してそのまま食器として使うというのが非常に便利だったります。3つセットなので、これをあともうワンセット、それぞれ2つづつあれば家族3人ぐらいならこれだけであればもう他の食器などは使わないと思います。実は我が家でも、5000円ぐらいのプレートやフォークやコップなどがセットになっている食器セットを買いましたが、この器具をかってからほぼつかっていません。ちなみにうちでは2セット購入しています。このほか1万円から2万円ぐらいする鍋、フライパン収納セットみたいなものもありますが..何度かキャンプを経験し、オリジナルメニューとか、レシピなど工夫できるようになってから購入してもいいと思います。

  • 【セット内容】大食器、中食器、フタ、収納袋
  • 【サイズ】収納時:直径15cm×高さ6.3cm、大食器:直径13.4cm×深さ5.7cm、中食器:直径12.5cm×深さ5.3cm、フタ:直径14.3cm×深さ2.85cm
  • 【重量】総重量:約269g、大食器:約95g、中食器:約87g、フタ:約87g
  • 【満水容量】大食器:0.72リットル、中食器:0.58リットル
  • 【材質】本体・ハンドル:ステンレス鋼

monbelaplinecooker.jpgモンベル(mont-bell) アルパインクッカー 18+20パンセット 1124568
直径がだいたい21センチのフライパン、鍋のセットです。想像していただくと、ちょっと小さな鍋セットという感じ。問ってが折り畳み式になっていて、収納サイズも21.5×14.8cmと非常にコンパクトです。上のそのまま食器になってしまうのも非常に便利ですが、やはりちょっとした調理をしたいという方はこれぐらいのサイズがお勧めです。右の製品は8000円ぐらいするものですが、中には全く同じメーカーのもので4000円代のものなどもあるのですが、サイズなどを良くみて買うようにしてうださい。安い価格のものはサイズが18cm代等一回り小さいものが多いです。

若干値段が張ってもこちらのタイプを選ぶのでしたらサイズが大きいのを買わないと、小人用のご飯をつくるの?って具合になってしまいます。左の写真を見ていただくと分かると思いますが、お湯を沸かす鍋、スープなどを作る鍋、野菜や肉やパスタを痛める鍋と3つの用途に分けて使えるようにパッケージングされていることが分かります。

キャンプするようになれば分かるとおもいますが、お昼につくったスープやシチューをそのままとっておき夕方食べたい。。でもコーヒーやラテをのみたいからお湯も沸かしたい。。ということが良くあります。この商品をそういうシチュエーションをちゃんと想定した3点セットになっているのです。
細かいことですが、こういう部分がキャンプ道具の選び方のツボだと言えますね。

  • 素材:アルミニウム(ハードアナダイズド加工)
  • サイズ:アルパインクッカー18/径18.0×11.5cm、アルパインクッカー20/径20.0×13.5cm、アルパインフライパン20/径20.5×5.4cm
  • 容量:アルパインクッカー18/2.40L、アルパインクッカー20/3.70L
  • 重量:1080g(1120g/スタッフバッグ含む)
  • 収納サイズ:径21.5×14.8cm

クーラーボックス(たためるものを選べ!)

tent12thumb-AF.pngTHERMOS ソフトクーラー 20L パープル RDR-020 PL

夏場にお肉や野菜などを入れておくのにクーラーboxは秘術品ですが、ハードケースのご購入は個人的にはお勧めしません。車に積むと分かると思いますが、実はクーラーボックスが一番がさばったりします。旅行などにいったときも気付くと思いますが、行よりもなぜか帰りは不思議なことに荷物がさばってしまうのです。帰りはいろいろドタバタしますし、荷物の整理も乱雑になりトランクルームはパンパンになってしまうのです。そんなことを考えると、クーラーボックスは折りたためるソフトタイプがお勧めです。THERMOSはよく水筒なども出しているメーカーですが、保冷庫効果もそこそこいいのでお勧めです。価格も20Lで3000円から5000円ぐらい。保冷剤はスーパーなんかで販売されている水色っぽい安物で十分です。

  • サイズ:約幅30×奥行23×高さ34cm
  • 本体重量:約0.5kg
  • 素材・材質:ポリエステル、PEVA、ポリウレタン、発泡ポリエチレン、ポリプロピレン不織布
  • 原産国:中国
  • 容量:約20L

どうせなら普段も使える裏ワザ!なアイテムも!

学校行事からお出かけ、暑い夏場のスーパー買い出しまで非常に便利!」でも紹介しましたが、熱い夏といえば、毎日のスーパーの買い出しとかちょっとしたお出かけとかそういう時に気軽に持って行けるバック型のクーラーボックスなんかもついでに購入しておくと便利。

キャンプ用品メーカーのものから、キャラクターをあしらった可愛いモノまで実に豊富な種類があります。特にトートーバック型で使わない時は折りたためるようなソフトクーラーボックスは非常に便利です。

まとめ

ここ10年ほどの間に購入してきたモノの中でこれから一から道具を揃えなおすとしたらという観点でおすすめなものをピックアップしてみました。量販店やホームセンターなどでキャンプ用品コーナーなどが展開されていることも近年多いのですが、実はこうしたアイテムはそいうコーナーでは売っていないことが多いです。店頭でみて衝動買いしてしまいそうになったらこちらのページをみて本当に使える道具は何かを是非参考にしていただければ幸いです。

 

 



2014年05月18日 ネズミ1号:略称「T」
, タグ: , ,


前ページに戻る


,  タグ: , ,


おすすめ記事

関連記事