ホーム > ライフ・その他 >

こんな景色が見れそうな秋のキャンプの楽しみ方

2013年10月15日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: ,


まだまだ行けるおとまりキャンプきれいな夜空を見てみましょう!

10月に入り大分気温も落ち着いてきたようです。富士五湖や山間部の夜の基本は20度をきるようになりすごしやすくなる季節となりました。夏はどいらかというと大気のゆがみが多く、きれいな夜空が見られるという感じではないのですが、秋から冬前にかけては、空気も澄み、夏とは一味ちがった味のあるキャンプが楽しめるのも魅力です。本日は、秋キャンプの魅力をイメージ写真とともにまとめてみました。


 

 

焚き火が引き立つ季節の楽しみ方

秋というとやはり夜です。虫の鳴き声や澄み切った空に見える星。肌寒くなった山林や水辺のキャンプサイトを暖めてくれる焚き火。その火を使って調理する暖かいスープや飲み物。秋キャンプを象徴する私のイメージです。
※hookah by fire lihgt(AnnStreeStudioより)

6680460661_05b320c8da_o.gif

ワイルドなBBQから暖かい煮物やスープをじっくり調理して体を温めながら調理を楽しめるのもこの季節

寒くなる季節に楽しめる料理というと暖かいお肉たっぷりビーフシチューやホットココアですね。焚き火やガスバーナーでじっくり煮込んで、ちょうど暗くなり肌寒くなるころにあったかい夕飯最高です。

howtoenjoy-atuom-winter-camp1.jpg

食後のこんな楽しみもこの季節ならしっくりきます。

夏にやる方もいらっしゃると思いますが、肌寒くなるこの季節だからこそ、焚き火で暖を取りながらマシュマロをジューシーにあぶって食べるのがやっぱりしっくり来るように思いませんか?

howtoenjoy-atuom-winter-camp2.jpg

肌寒いよる。暖かいお湯を沸かし、焚き火を囲んでゆっくり団欒

暖かいコーヒーを断熱対応のマグカップに注ぎ、あったかいコーヒーやカフェオレなどを片手に焚き火を囲んで、夜空を眺めらがら団欒するという贅沢な時間が過ごせるのもこの季節。
(蒸し暑くないですし、蚊もいない!)

howtoenjoy-atuom-winter-camp3.jpg

毛布に包まって澄み切った夜空に天の川を見て見るもよし..

秋のキャンプ場は冷え込むところは結構冷え込むと思います。くれぐれも体調を壊さないよう最低限必要な準備はしてゆきましょう。

howtoenjoy-atuom-winter-camp4.jpg

どうでしょう?秋のキャンプ行きたくなりませんか?私も次の週末は奥さんを説得していきたいなぁと思っていますが、その前にまずはイメージを共有して楽しい事や物を想像できるといいですね。

まとめ:秋キャンプを楽しむために欲しいアイテム

最後に、この季節のキャンプに必需品となる3アイテムを下記に紹介します。夏用のキャンプ装備がある方であれば、低温対応のシュラフだけでも準備すればOKですね。



調理もできる焚き火台

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040
焚き火と調理をそつなく楽しむ焚き火台はこの季節必須アイテムですね。ユニフレームのファイヤーグリルは、調理網がセットになっているので、ホウロウ鍋でお湯を沸かしたり、シチューを作ったりするのに便利です。もちろん炭火で焼く肉もOKです。焚き火台で一度すみにしてしまうと、太目のまきを時たまくくべるだけで火がじわりじわり燃えてくれるので、肌寒い時期に暖をとるには便利だと思います。


暖かい飲み物が冷えない2層構造のマグカップ

Coleman(コールマン) ダブルステンレスマグ300 170A5023
寒くなる季節ですと、せっかく暖かく創った飲み物も数分外に置いておくと冷えてしまうのですが、このマグカップでしたら、出来立てほやほやの暖かさが数時間はもちます。寒くなる季節には必須アイテムです。
こうしたマグカップがあるのとないのとでは、私の経験を踏まえていうと夜を過ごす満足度は半分以下になってしまうように思います。
もう一つメリットを挙げると、夏は氷を入れて冷やした飲み物を入れて置くと結露も出来ず、1時間位は冷えたままでドリンクを飲むことができる優れものです。


関東なら11月ぐらいまで使える暖かい寝袋(シュラフ)

Coleman(コールマン) パフォーマー/5 ネイビー [最低使用温度5度] 170S0232J
最後に夏と違い、寒くなる季節はシュラフ(寝袋)が一番大切なアイテムとなります。昼の日差しが弱くなる分地面は夏場に比べて冷え込みます。夏用の薄いシュラフですと、地面の温度がからだにつたわり体温をとられてしますのです。ですので、中綿がしっかり詰まった暖かいシュラフは絶対持参してゆくことをお勧めします。このコールマンは安いのですが、秋口の10度から15度ぐらいの気温でしたら十分使える仕立てになっていると思いますので、参考にしてください。完全防寒型ですと1つ3万円近くするものもありますが、この辺は考え方私大ですね。
1つ、冷え性の女性向けに裏技ですが、湯たんぽを持ってゆき、お湯を沸かして秋冬用シュラフに抱いて寝ると結構暖かく快眠が取れますので是非試してみてください。


2013年10月15日 ネズミ1号:略称「T」
タグ: ,


前ページに戻る


 タグ: ,


おすすめ記事

関連記事