ホーム > かわら版 >

機械式とスマートウォッチ一体型時計:Kairosスマートウォッチ(6月1日までアーリーバード特典50-60%0FF)

2014年05月26日 ネズミ1号:略称「T」
,


Kairos:時計好きの朗報です。機械式時計とスマートウォッチ一体型時計KAIROSが事前オーダーを開始するそうです。価格も50%から60%OFFで実験的に売り出すようですが、シルバーのMSW115METALモデルが$1199がアーリーバードスペシャル(初期購入者特典)として現在$499ドルでプリーダー可能となっています。5月15日から6月1日までの期間限定です。サイトにアクセスすると期日までのカウントダウンが表示されています。


 

 

スイス製のSoprod A10BV-2を搭載したモデルと、シチズンファインテックミヨタ82S7を搭載したモデル

フロント部に機械式ムーブメントが入っており、リア部にスマートウォッチを主るチップ類が格納されているようです。いずれも自動巻きで秒針と時間が基本みたいです。

Kairos2.png

スマートウォッチしとしては、スマートフォンとBluetooth等で連動してカメラリモコン(一部モデルのようです)時計とスマホの電池残量、フィットネスアプリ、ミュージックプレイヤー連動、電子クロノグラフ(ストップウォッチ)、スマホへ来たメールやメッセンジャー、Twitterなどのノーティフィケーション表示、おそらくAndroidのNotificationに対応のようです。iOSに対応かどうかはサイトを見る限り不明です。表示部は風防(表面のガラスケース)部分に半透明のTOLED液晶を搭載してスマートウォッチの表示を実現したそうです。

Kairos3.png

コンセプトビデオはこちら

プリオーダーで注文できる機種と値段

注文できる機種は下記4つのタイプ。現在アーリーバードスペシャル(初期購入者特典)として50%~60%OFFとなっています。期日は6月1日まで。シルバーの115METALはなんと1199ドルが495ドル半額以下!

KairosWatches are available for pre-ordering at the prices listed below from May 15th, 2014 to July 1st, 2014 (Early Bird Special). Prices are 50% to 60% discounted from MSRP for pre-order purchases

Kairos4.png

日本からの注文も多分大丈夫

Kairos5.png注文方法は、Kairosのサイトからできます。右のPre-Orderフォームを見ると50ドルのインターナショナルシッピング費が計上されます。予めクレジット番号と有効期限2つの信用情報と郵便番号(ZIPCODE)と氏名、連絡可能なメールアドレスを記入でOKです。クレジットのオーソリはシッピングが整ってから決済されるものと思われます。現在シルバーのモデルですですとシッピング代も入れて549ドルです。ORISの時計などを買うなら約6万5千円という価格帯は、人柱として衝動買いしてしまいそうな金額ですね。

1点要望としては、自動巻機構で、腕にはめているうちに自動で電池も充電してくれるといいかなという点でしょうか?近年は有機LEDと太陽光発電フィルムが一体となったモデルの特許も出願されているようです。現在本家本元のスイスの時計メーカーはスマートウォッチについては否定的ですが、5万円から10万円代のゾーンの機械式時計については、このようなスマホデバイスなどと連動できるような機械式時計がこれからどんどん出てくると個人的にはうれしいです。



2014年05月26日 ネズミ1号:略称「T」
,


前ページに戻る


,


おすすめ記事

関連記事